アルメタ軟膏は赤ちゃんの「おむつかぶれ」や「あせも」に効果ある?

アルメタ軟膏は赤ちゃんの「おむつかぶれ」や「あせも」に効果ある? | ステロイド軟膏.com赤ちゃんの「おむつかぶれ」や「あせも」にアルメタ軟膏は効果あるのか?

赤ちゃんを育てていると何度も経験することがあるのが、おむつかぶれあせもです。初めての子育てしているとちょっとした症状でも気になり、病院へ行く人も多いのではないでしょうか。

おむつかぶれやあせもができてしまうと、機嫌が悪くなって泣いてしまうとどうしたらいいのかわからなくなりますよね。早く治してあげたいと思って市販で売られている薬を塗っている人もいるのではないでしょうか。

今回、アルメタ軟膏が子供に処方される薬のひとつですので、

  • 「おむつかぶれ」や「あせも」には効果があるのか?
  • 効果はどれぐらいででるのか?
  • 副作用の心配はないのか?

など気になることを記載させていただきたいと思います。

 

これ凄いですよ!

潤いや水分を逃さない保湿バリアと、肌荒れの原因となるウイルスや雑菌・花粉・PM2.5もブロックする保護バリアを兼ね備えている話題の赤ちゃん向けスキンケアアイテムです。

あの「母子健康手帳 副読本」にも掲載されており、さらに28日間の返金保障もついているので安心して使うことができますよ♪

>>Fam’s Babyの詳細<<

 

スポンサードリンク

アルメタ軟膏とは?

ステロイド作用があり、皮膚の炎症を抑えるこうとができる薬です。
ステロイド作用の強さは、それほど強くなく、子供にも使用されています。

 

アルメタ軟膏は、おむつかぶれに効果あるのか?

アルメタ軟膏は、皮膚の炎症を抑えますので、おむつかぶれにも効果があります。

おむつかぶれとは?

おむつかぶれは、陰部、肛門周辺にできる赤い発疹ができます。
特に夏場や下痢の症状が続いているときにおむつかぶれが生じることが多いです。

 

アルメタ軟膏は、あせもに効果あるのか?

あせもにも効果があり、よく使用されています。

あせもとは?

夏場や冬場でも服を着させすぎていると赤ちゃんも汗をかきますが、赤ちゃんは、皮脂の分泌が活発なので湿疹やあせもができやすくなります。

 

副作用の心配はないの?赤ちゃんに使用しても大丈夫?

ステロイド作用があるアルメタ軟膏ですが、ステロイド作用のなかでも強くないのでそれほど副作用を気にする心配はありません。

しかし、赤ちゃんの場合は、皮膚が薄いのでアルメタ軟膏を多く塗ったり、症状がない部分にも塗ってしまうと副作用が出やすくなりますので注意してください。

副作用の種類

・皮膚が赤くなる
・にきびのような発疹、おできができる
・塗りすぎると皮膚が細菌などの感染症をおこしやすくなります。

 

効果はどれぐらいででるの?

効果はだいたい1週間ほどで出てきますが、症状がひどい場合は、2週間から3週間かかることもあります。

 

赤ちゃんに使用するときに注意することは?

あせもやかぶれている個所にだけ塗るようにしましょう。

皮膚の炎症を抑える効果がありますが、かぶれやあせもができていないところに塗ってしまうと副作用がでてくることもありますので注意してください。

 

用法容量はきちんと守りましょう。

アルメタ軟膏は、大人や子供にも使用することができます。特におむつかぶれやあせもができている赤ちゃんの場合、早く治したいがために一日に何回も塗ってしまわないように医師の指示通り守りましょう。

 

子供の手が届かない場所に置きましょう。

子供が誤って口にいれたりしてしまう恐れがあります。

 

アルメタ軟膏を塗るときは、清潔にしてから塗りましょう。

特に入浴後やトイレした後ならきちんとふいてあげた状態でおこないましょう。

 

まとめ

赤ちゃんにとっておむつかぶれやあせもは、症状がすぐにひどくなってしまうこともあり、親御さんはとても心配になるとおもいます。

日頃清潔にしていても急にできてしまうこともあるので症状がでると驚かれるとおもいますが、その時は、小児科や皮膚科へ受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

市販の薬もありますが、病院できちんと診察してもらってたほうが早く治るので行きましょう。もし、副作用が出た場合にもすぐに病院へ行くようにしましょう。

これ凄いですよ!!

潤いや水分を逃さない保湿バリアと、肌荒れの原因となるウイルスや雑菌・花粉・PM2.5もブロックする保護バリアを兼ね備えている話題の赤ちゃん向けスキンケアアイテムです。

あの「母子健康手帳 副読本」にも掲載されており、さらに28日間の返金保障もついているので安心して使うことができますよ♪

>>Fam’s Babyの詳細<<

スポンサードリンク