アルタメ軟膏は目の周り、まぶたのかゆみかぶれに使用してもいいの?

アルタメ軟膏は目の周り、まぶたのかゆみかぶれに使用してもいいの? | ステロイド軟膏.com生活をしていると急に目の周りにかゆみが生じてつらい経験をされたという人もいるのではないでしょうか。かゆみやかぶれが起こってしまうと日常生活でも影響をきたしてしまう恐れがあります。

  • 目の周りにかゆみかぶれが生じてしまった場合、どうすればいいのか?
  • 目の周りのかゆみやかぶれにアルタメ軟膏を使用しても大丈夫なのか?副作用の心配はないのか?
  • 目の周りに塗るときに注意することはあるのか?

など気になっている人もいると思いますので、今回わかるところですが記載していきます。

 

スポンサードリンク

アルタメ軟膏

ステロイド作用があるお薬の一つですが、ステロイド作用の強さに関しては、中等度の強さです。

アルメタ軟膏は、皮膚に直接塗るタイプの薬なので、皮膚の炎症を抑える効果があります。顔や陰部などに使用することができる大人から子供まで使用することができるステロイドの薬です。

 

アルメタ軟膏を使用することができる疾患

  • アレルギー性皮膚炎
  • 虫刺され
  • かぶれ
  • 蕁麻疹

 

目のまわり、まぶたのかゆみの原因は?

目のまわり、まぶたの皮膚はとても薄く敏感です。

  • 花粉症によってかゆみが生じる
  • 紫外線や乾燥などよってかゆみ、かぶれが生じる
  • アトピーによってかゆみ、かぶれが生じる
  • 女性の場合、化粧で皮膚に影響してしまうことで生じる

以上が原因としてあげられます。

 

目のまわり、まぶたのかゆみやかぶれにはアルタメ軟膏を使用してもいいのか?

目の周辺のかゆみやかぶれの原因が上記のものである場合、アルタメ軟膏を使用しても大丈夫です。

 

目の周りに塗ることで副作用は出る心配はないのか?

アルメタ軟膏を使用するにあたって副作用はでます。

特に目の周りやまぶたに塗るときは、皮膚がとても薄いので使用方法を誤ってしまうと副作用が出るリスクが高くなってしまいます。

 

どんな副作用がでるのか?

・皮膚が赤くなる
・おできができる
・緑内障
・白内障

 

目の周り、まぶたに塗るときに注意することはあるのか?

1日に使用する回数は1~2回、1回に塗る量も少な目で使用すること

1日に何回も目の周りにアルメタ軟膏を塗ってしまうと、皮膚が薄い場所なので刺激をあたえてしまい、副作用が出てくる恐れがあります。病院からの説明をきちんと守りましょう。

症状が改善してきたら塗る量や頻度を減らすようにしましょう。

 

アルメタ軟膏が目に入らないように注意

万が一、アルメタ軟膏が目に入ってしまった場合は、すぐに水で洗い流し病院へ受診するようにしましょう。目に入ると緑内障や白内障を発症してしまう恐れがありますので、薬を使用するときは十分注意しましょう。

大人もそうですが特に子供の場合も慎重になって塗るようにしましょう。子供に塗るときに不安があるのなら医師にやり方などを相談しましょう。

 

アルメタ軟膏を塗ったあとは、紫外線に注意して過ごすようにしましょう。

薬で皮膚に刺激を与えてしまうため、そのあとに紫外線をあびてしまうとますます皮膚にダメージを与えてしまうからです。

 

まとめ

今回、目のまわり、まぶたのかゆみやかぶれが生じたときにアルタメ軟膏を使用しても大丈夫なのかなど気になる点を記載させていただきました。

目の周辺の薬を塗ることに不安がある人は、医師の指示通りに使用すれば副作用を恐れることはないと思います。目の周りなのでいつも使用するときは慎重になって塗ることを心がけましょう。

今も目の周辺のかゆみかぶれで悩まれている人には、記載させていただいたことをぜひ参考にしてもらえるとうれしいですし不安なことは医師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク