アルメタ軟膏の副作用が心配?どんな症状がでるのか?

アルメタ軟膏の副作用が心配?どんな症状がでるのか? | ステロイド軟膏.comかゆみやあせもなどでアルメタ軟膏を使用したことがある人、たくさんいらっしゃるとおもいます。大人だけでなく赤ちゃんや子供にも使用することができるのがいいですよね。

特に赤ちゃんがいるご家庭だと急に赤ちゃんがおむつでかぶれてしまったり、虫刺されたことによってかゆみが生じて皮膚が赤い発疹ができているのをみると、早くなおしてあげたいとおもいますよね。

赤ちゃんに薬を使用することに抵抗を感じているひとも少なくありません。

  • アルメタ軟膏を使用して副作用の心配はないの?
  • アルメタ軟膏の副作用といってもどんな症状があるの?
  • アルメタ軟膏で副作用がでたらどうすればいいの?

など不安になっていることもあると思いますので、今回、アルメタ軟膏についての副作用だけでなく特徴なども記載させていただきます。

 

スポンサードリンク

アルメタ軟膏とは?

ステロイド作用があるお薬の一つですが、ステロイド作用の強さに関しては、中等度の強さです。アルメタ軟膏は、皮膚に直接塗るタイプの薬なので、皮膚の炎症を抑える効果があります。

 

アルメタ軟膏の特徴

  • 抗炎症作用がある
  • ステロイド作用が中等度であるため効果が比較的穏やかであること
  • 子供(赤ちゃん)にも使用することができる
  • 顔や陰部の皮膚が薄い場所にも使用することができる

 

アルメタ軟膏はどのような効果があるの?

  • 抗炎症作用。皮膚が赤くなる、痛み、腫れ、熱をもつなどの作用を抑えてくれます。
  • 免疫抑制作用。塗った箇所だ免疫が低下します。
  • 皮膚細胞の増殖抑制作用

 

アルメタ軟膏を使用することができる疾患

  • アレルギー性皮膚炎
  • 虫刺され
  • かぶれ
  • じんましんなどがあります。

 

アルメタ軟膏の副作用はあるの?

ステロイド作用が強くないからといって副作用が全くないというわけではありません。副作用はありますが、アルメタ軟膏は他のステロイドより副作用があまりでないといわれています。

どんな副作用がでるの?

  • ニキビ、膿のようなぶつぶつのおできができる
  • 皮膚が赤くなる
  • 緑内障
  • 白内障

緑内障と白内障に関しては、目に薬が入ってしまったり、長期間使用し続けると塗った箇所だけでなく全身まで影響してしまうおそれがあるので目にも起こることがあります。

 

なぜ副作用がでてしまうのか?

副作用が出てしまう原因として、

  • アルメタ軟膏を長期間使用し続けること
  • 用法容量を守っていないこと

1日に何度も大量に塗ってしまうと出ることがあります。

 

副作用が出た時の対応の仕方は?

もし、副作用が出てしまったときは、使用を中止してすぐに病院へいくようにしてください。

 

アルメタ軟膏を使うときに気を付けることは?

  • 一回に使う量はきちんと医師から言われた通りの量を使うようにしましょう。あと、回数も1日1~2回ほど使うようにしましょう。
  • 塗る箇所は清潔にしましょう。
  • 顔や陰部に使用するときは手や足に使うよりも量を少なくしましょう。皮膚が薄い箇所は、刺激が敏感で副作用もでやすいため量は少なくして使いましょう。

 

まとめ

今回、アルメタ軟膏のことについて書かせていただきましたが、少しでもアルメタ軟膏のことを知ってもらえるとうれしいです。

当たり前のことですが、薬を使用するときの注意点などをもう一度確認することで副作用のことで心配することもありませんし、もし、副作用が出たとしてもどのように対処すればいいのかなどわかるかと思います。

対象疾患などを知っておくと早く治すことができますし特にお子さんがいる人は知ってて損はないと思います。アルメタ軟膏は、子供から大人まで幅広い年代の人が使うお薬ですので少しでも知っておきましょう。

スポンサードリンク