デルモベート軟膏は陰部のかゆみに効果ある?副作用の心配は?

デルモベート軟膏は陰部のかゆみに効果ある?副作用の心配は? | ステロイド軟膏.com陰部のかゆみにデルモベート軟膏は効果ある?副作用は?

陰部がかゆくなると生活に支障きたしてしまいますよね。陰部のかゆみとなると相談するとなると恥ずかしくてできませんよね。

病院へいくにしてもとても勇気がいると思います。しかし、陰部のかゆみとなると何か病気かもしれませんので病院へ行ってきちんと診察してもらうと早期治療につながります。

 

デルモベート軟膏は、かゆみや炎症を抑えるといわれている薬です。

  • 陰部のかゆみにはデルモベート軟膏は効果があるの?
  • 陰部への使用で副作用の心配はないのか?

など気になることもあると思います。今回、これらのことをわかる範囲で記載していきます。

デリケートゾーンに貼るだけでケアができる「シート型パック」が今多くのメディアに取り上げられて話題みたいですよ♪

貼るだけで効果が実感でき、すみずみまでしっかりケアが出来るので、毎日の小まめなケアが大変と思っている人にはおすすめですね!

>> デリケートゾーン専用シート型パックの詳細 <<

スポンサードリンク

デルモベート軟膏とは?

ステロイドが一番強い薬のひとつで、即効性があり、症状が早く改善されます。おもに、かゆみや炎症を抑える効果があるので症状がひどい場合によく使われています。

 

効果が出る疾患は?

・虫さされ
・ニキビ
・蕁麻疹
・発疹
・アトピー性皮膚炎
・かゆみ

などがあげられます。

 

陰部のかゆみが生じる原因は?

女性の場合は、ムレやかぶれ、生理のときは特にナプキンによるかぶれ、汗によっておこることもあります。

 

尖圭コンジローマ

パピローマウィルスが原因で起こります。

 

膣カンジタ

カンジタ菌が原因で起こります。

 

感染性外陰炎

大腸菌、ブドウ球菌が原因で起こります。

 

トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫が原因で起こります。

 

デルモベート軟膏は、陰部のかゆみに効果があるのか?

デルモベート軟膏は、顔や陰部などの皮膚が薄い箇所への使用は、薬の吸収がはやいため病院側では処方していませんので、効果はないどころか使用することができません。

それに、かゆみの原因によって使用できないこともありますので、かゆみがあるからデルモベート軟膏を使用しても大丈夫ということではありませんので、一度、病院へいってかゆみの原因を知っておく必要があります。

 

デルモベート軟膏が使用することができない疾患は?

ウイルスや菌に感染したもの症状となります。例えば、水虫、白にきびなどがあります。

 

陰部のかゆみがでたときにどう対処すればいいのか?

陰部のかゆみがある場合は、ステロイド作用がそれほど強くない薬を使用することで症状は改善されます。デルモベート軟膏に比べると効果はゆっくりです。

 

副作用の心配は?

デルモベート軟膏などのステロイド剤は、どれも副作用は生じます。どんなものがあるのかというと、

・かゆみ
・蕁麻疹
・皮膚の赤み
・膿やにきびのようなおでき

などがあります。

 

デルモベート軟膏を使用するときに気を付けることは?

・長期間使用し続けないこと。長期間使い続けると、副作用が生じる恐れがありますのでやめておきましょう。

・顔や陰部への使用はやめましょう。

・子供や妊婦への使用はしないでください。

・症状が軽い場合は、使用しないようにしてください。

・用法容量はきちんと守りましょう。

・使用する箇所のみに使用しましょう。

 

まとめ

今回、簡単ではありますが、陰部のかゆみにはデルモベート軟膏は効果あるのかなど記載させていただきました。今回は、女性がメインのように書かせていただきましたが、男性にも同じことがいえます。

陰部のかゆみが生じないように日ごろから清潔にしておくことも大切です。デルモベート軟膏のことを知っておく必要もありますが、陰部のかゆみの原因を知ることも大切ですし、早期治療をすることも大切ですので、症状が出た場合は病院へいくようにしましょう。

もし、今、陰部のかゆみで悩まれているのであればこれらを参考にしていただいてくれるとうれしいです。

デリケートゾーンに貼るだけでケアができる「シート型パック」が今多くのメディアに取り上げられて話題みたいですよ♪

貼るだけで効果が実感でき、すみずみまでしっかりケアが出来るので、毎日の小まめなケアが大変と思っている人にはおすすめですね!

>> デリケートゾーン専用シート型パックの詳細 <<

スポンサードリンク