デルモベート軟膏は「水虫」や「しもやけ」にも効果はあるのか?

デルモベート軟膏は「水虫」や「しもやけ」にも効果はあるのか? | ステロイド軟膏.comデルモベート軟膏の「水虫」や「しもやけ」への効果

「水虫」、「しもやけ」と経験された方はいるとおもいますが、そもそも「水虫」と「しもやけ」って判断がわからなくなる時ありませんか?

夏場だと水虫とかなって判断できますが、冬場になると水虫のかゆみと「しもやけ」のかゆみでどっちなんだろうかっと悩んでいるひともいるのではないしょうか。

多くの人が、かゆみがあるから「しもやけ」だと「水虫」であることは考えずに自己判断してしまうことがあります。自己判断で薬を使用しているため症状がなかなか改善されなかったり、ひどい場合は悪化してしまうケースも生じているのが現実です。

 

デルモベート軟膏は、かゆみや炎症に効果がある薬なので、「水虫」または「しもやけ」で悩んでいる人のなかには、

  • デルモベート軟膏は、水虫に効果はあるのか
  • デルモベート軟膏は、しもやけに効果があるのか?

など気になっていることもあると思います。

そこで今回は簡単ではありますが、「水虫」や「しもやけ」にデルモベート軟膏が効果があるのかについて記載していきます。

 

スポンサードリンク

デルモベート軟膏について

ステロイド剤のひとつであり、ステロイドの作用が一番強い薬です。主に、かゆみや皮膚の炎症を抑える効果があります。

デルモベート軟膏に効果が出る疾患は?

・蕁麻疹
・虫刺され
・赤ニキビ
・アトピー性皮膚炎
・日光皮膚炎

などがあげられます。

 

デルモベート軟膏を使用しても効果がでない疾患は?

・ウイルス性の感染症
・真菌などの菌に感染したもの

デルモベート軟膏は、殺菌力がないためこれらのような疾患は効果がでません。

 

デルモベート軟膏は、「水虫」に効果があるのか?

水虫とはカビの一種である菌が感染することでかゆみが発症します。

水虫が発症する原因が、カビの一種である菌で生じるため、デルモベート軟膏を使用しても効果はありません。

 

デルモベート軟膏は「しもやけ」に効果があるのか?

しもやけは冬場に起こるものだとおもわれがちですが、実際は夏場にもおこりやすいのです。

それは、自律神経の乱れが関係しており、ストレス、疲れを生じてしまいます。そうなることで末梢の血流障害が生じてしまうことで発症してしまいます。

しもやけが生じる原因としては、自律神経の乱れによる血流障害なので、デルモベート軟膏を使用しても効果はあります。

 

デルモベート軟膏を使用するときに気をつけることは?

長期間使用し続けるのはやめましょう。

長期間継続して使用し続けると、皮膚に刺激を与えてしまい悪化してしまう恐れがあるからです。使用する期間は、長くても3週間ほどです。

 

子供の手の届かない場所で保管しておきましょう。

デルモベート軟膏は、ステロイドの作用が強い薬ですので、万が一、子供が使用してしまうと発育にも影響してしまう恐れがありますので、ご家庭で使用されるときは、保管場所にも注意しましょう。

 

顔や陰部などにか使用しないでください。

顔や陰部は、からだのなかでは皮膚が薄い箇所といわれていますので、ステロイド作用が強いデルモベート軟膏は絶対に使用しないようにしてください。

 

まとめ

今回、簡単ではありますが、デルモベート軟膏は「水虫」や「しもやけ」に効果があるのかなど記載させていただきました。「水虫」と「しもやけ」が生じる原因を知っておくことで、デルモベート軟膏を使用しても大丈夫なのかなどわかると思います。

「水虫」、「しもやけ」か判断を間違えてしまうと症状が悪化してしまうおそれがありますので、かゆみが生じた場合は、自己判断せずに皮膚科へ受診して診察してもらうようにしましょう。

そうすることで早期治療することができますのでかゆみなどで悩まれることもありません。

スポンサードリンク