デルモベート軟膏を妊婦が使用した場合の効果と副作用

デルモベート軟膏を妊婦が使用した場合の効果と副作用 | ステロイド軟膏.comデルモベート軟膏を妊婦が使用した場合の効果と副作用は?

妊娠すると、皮膚が敏感になってしまったりすることもありますし、虫刺されやじんましんなどを生じてしまい、かゆみで悩まれた経験がある人もいると思います。

しかし、妊娠中に薬を使用すると胎児に影響はないのか?など心配になって、皮膚トラブルやかぜをひいて体調を崩してもなかなか薬に頼ることができないのが現実です。

 

妊婦さんは、出産するまでは神経質になりがちです。「もし、産まれてくる子供になにかあったらどうしよう」と悩みますよね。

 

でもかゆみなどをずっと薬もしようせずに我慢できるのかというと無理ですよね。そこで、

  • デルモベート軟膏は妊婦にも使用することができるのか?
  • デルモベート軟膏を妊婦に使用しても副作用は心配ないのか?

など簡単ではありますが、記載していきます。

 

スポンサードリンク

デルモベート軟膏とは?

かゆみや炎症を抑えてくれる効果がある薬です。ステロイドの強い薬なので、即効性があります。

 

デルモベート軟膏に効果がある疾患は?

・虫さされ
・蕁麻疹
・発疹
・ニキビ(赤ニキビ)
・アトピー性皮膚炎

などに効果があります。

 

デルモベート軟膏は、妊婦にも使用しても効果はあるのか?

デルモベート軟膏は、ステロイドの中でも一番強い薬のひとつです。そのため妊婦又は授乳中の人に使用しないほうがいいでしょう。

ただし、症状がひどい場合で治療上必要と医師が判断した場合のみ使用することもあります。

 

妊婦は、皮膚トラブルが生じたら薬をしようすることができないのか?

妊娠中は、薬を使用することができないのかというとそうではありません。特に、皮膚トラブルの場合は、ステロイドは入っていますが、作用がそれほど強くない軟膏であれば処方してくれます。

皮膚科など病院へ受診したときは、必ず妊娠していることは伝えておきましょう。妊娠初期から中期のときは、おなかがあまり目立たない人もいますので妊娠していると医師もわからないことがありますので注意しましょう。

 

副作用の心配は?

もちろん、ステロイドがはいっていますので副作用は生じる恐れがあります。特に、妊婦が使用してしまうと、皮膚が敏感な状態なので副作用がでるおそれが妊娠していない人よりは可能性が高いので知っておきましょう。

 

副作用の種類は?

・じんましん
・かゆみ
・皮膚が赤くなる
・発疹
・皮膚萎縮

などが生じます。

 

もし妊婦がデルモベート軟膏を使用する場合に気を付けることは?

妊婦の場合は、1回の使用量や使用回数は通常より少なくしましょう。

だいたい妊婦でこの薬を使用する場合は、症状がひどいことが多いのですが、ひどいからといって通常の量や回数を使用し続けると、胎児に影響を与えてしまう恐れがありますので、必ず、医師の指示通り使用しましょう。

 

症状が改善した場合は、すぐに使用をやめましょう。

症状が改善したときは、薬を使用するのをやめましょう。長期間使用し続けると副作用がでることもあります。

 

万が一、症状が悪化した場合は、使用をすぐにやめましょう。

症状が悪化した場合は、すぐに使用をやめて病院へいくようにしてください。

 

まとめ

デルモベート軟膏は、あまりにもステロイド作用が強いため、妊婦への使用がよっぽどのことがない限りないということがわかっていただけたとおもいます。

皮膚トラブルで症状が軽い場合は、ステロイドの作用がそれほど強くない薬が処方されますので、かゆみや発疹で悩まれている場合は、我慢せずに病院へいくようにしましょう。

皮膚科だけでなく最近では産婦人科でも皮膚トラブルのときに使用できる薬を処方してもらえることがありますので、妊婦さんはぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク