ロコイド軟膏はニキビに効果ある?影響と使用方法についても!

ロコイド軟膏はニキビに効果ある?影響と使用方法についても! | ステロイド軟膏.comニキビができてしまうと誰もが早く治したいがために洗顔を念入りにしてみたり、市販で販売されているニキビ薬を使用したり、ニキビをつぶしてしまうなどしている人はたくさんいらっしゃると思います。

  • 赤ニキビができてしまったけど赤みをとる方法はないの?
  • ロコイド軟膏はニキビに効果があるの?
  • ロコイド軟膏を使用する方法は?ロコイド軟膏はどのニキビにも対応しているの?
  • ロコイド軟膏を使うときに注意することは?

など気になることを記載していきます。

 

スポンサードリンク

ロコイド軟膏について

ロコイド軟膏は、皮膚に塗るステロイド薬であり、皮膚の炎症を抑えてくれます。

ステロイドの中では、皮膚にやさしく効きは穏やかであるため、顔や陰部など皮膚が薄い部位にも使いやすくなっている安全性の高い薬です。。

ワセリンなどの油が基材となっています。長時間の保湿性に優れ、刺激性が少ないことが特徴です。べたつきは強いですが、皮膚への浸透力も強くはありません。

 

ロコイドの特徴

・中等度の強さに属するステロイドである
・炎症を抑える作用、免疫反応を抑える作用、皮膚細胞の増殖を抑える作用がある
・効果に関しては、ステロイドの中で穏やかである
・長期使用による副作用に注意する
・顔や陰部などの皮膚が薄い部位にも使いやすい
・子供にも使用される(赤ちゃんにも可能)

 

使用することができる疾患は?

・アトピー性皮膚炎
・手荒れ、唇荒れ
・湿疹
・虫刺され

 

ロコイドの副作用について

・皮膚が乾燥してしまう
・皮膚炎
・かゆみ
・にきびのようなおできができる
・緑内障
・白内障

副作用がでてしまうのは、長期間ロコイドを使用し続けたことによって生じることが多いので気を付けましょう。

また、皮膚が薄い箇所には、使用する量は少なくして回数も1日1回か2回にしておきましょう。

 

ロコイド軟膏は、ニキビにも効果があるのか?どのニキビにも影響はあるのか?

ロコイド軟膏は、ニキビに対してとても効果があります。敏感肌で重症なニキビ、赤ニキビに処方されています。

しかし、殺菌作用がロコイド軟膏にはないので、白ニキビ、黒ニキビには効きませんのでどのニキビにも効果があると思わないようにしましょう。

ロコイド軟膏を使用することでニキビの炎症作用を抑制することができますし、赤みをとることができる影響があります。

 

どれぐらいで効果があるのか?

・赤ニキビやニキビの跡の赤みは1週間ほどで効果がでます。
・ニキビ跡なら3週間ほどかかります。

ニキビがよくならないからといって長期間の使用は肌に刺激を与え続けてしまうためやめましょう。

 

ロコイド軟膏のニキビへの使用方法

・1日に1~2回洗顔後、入浴後に使用します。
・化粧水を使用している場合には、化粧水後に塗ります。
・ニキビ部分につける分だけ手にとってニキビのある部分に優しく伸ばすようにしましょう。

 

ロコイド軟膏を使うときに注意することは?

ロコイドを使用しているときにニキビの症状が改善されないとき、症状が悪化する場合はすぐにロコイド軟膏の使用をやめましょう。

 

まとめ

今回、ロコイド軟膏がニキビに効果あるのかそしてどのような影響があるのかなど記載させていただきました。

白ニキビではこの薬は効果がありませんので、早くニキビ治したいからといってロコイド軟膏は使用しないようにしてください。使用方法を間違ってしまうと副作用も出る可能性があります。今、赤ニキビやニキビ跡の赤みや腫れで悩まれている人は参考にしていただけるとうれしいです。

そのためにも一度皮膚科へ受診して症状をきちんとみてもらったうえで薬を処方してもらうと早く治すことができます。

 

スポンサードリンク