ロコイド軟膏は顔のかぶれに使用できる?副作用は?

ロコイド軟膏は顔のかぶれに使用できる?副作用は? | ステロイド軟膏.com顔のかぶれにロコイド軟膏が使用できるのかとその副作用について

乾燥しやすい時期になると顔のかぶれに悩まれる人は多いとおもいます。女性の場合だと化粧していますので化粧かぶれになることもありますし、赤ちゃんの場合でも肌が敏感ですので少しの刺激でもかぶれてしまいます。

特に顔にできてしまうと、なかなかなおりずらくて人に会っても印象は変わってきてしまいます。

  • 顔にあるかぶれをはやくなおしたいけどどうすればいいの?
  • ロコイド軟膏はかぶれに効果があると聞いていたけど本当?
  • 顔にロコイド軟膏を塗ることで副作用の心配はないの?

など気になる人もいるとおもいますので、今回これらのことを記載していきます。

 

スポンサードリンク

ロコイド軟膏とは?

よく病院で処方されている薬のひとつであり、ロコイド軟膏は、皮膚の炎症を抑えてくれる作用があります。

ステロイドの中では、中等度の強さなので、皮膚にやさしく効きは穏やかであるため、顔や陰部など皮膚が薄い部位にも使うことができます。

 

ロコイドの特徴とは?

・ステロイドのなかで中等度の強さなので効果もゆっくりとでます
・抗炎症作用、免疫反応を抑える作用、皮膚細胞の増殖を抑える作用がある
・顔や陰部などの皮膚が薄い部位にも使いやすい
・高齢者から赤ちゃんまで幅広い年代で使用することができます

 

使用することができる疾患は?

・アトピー性皮膚炎
・肌荒れ
・湿疹
・虫刺され
・あせも

などがあります。症状から自分で判断せず病院へ行って医師からきちんとした診断してもらいましょう。

 

かぶれとは?

原因となっている物質が直接皮膚に接触した場合にできる皮膚の炎症のことをいいます。赤ちゃんの場合は、オムツかぶれや衣服の擦れでかぶれが起こってしまいますし、女性の場合は、化粧かぶれがあります。

 

ロコイド軟膏は顔のかぶれにも使用することができるの?

もちろんかぶれにも効果があります。

しかし、ロコイド軟膏を長期間使用し続けるとかぶれが悪化する可能性もありますので、1~3週間だけと病院の指示があると思いますので、指示通りに使用しましょう。

 

効果が出るまでの期間は?

かぶれが軽度の場合は、1週間ほどで治ります。症状によりますが長くても3週間ほどで改善されます。

 

ロコイド軟膏を顔に使用する場合、副作用の心配は?

副作用はもちろんあります。ロコイド軟膏は、副作用が出ることが少ないですが、念のため記載します。

 

種類としてなにがあるのか?

・にきびや膿のようなおでき
・かゆみ
・緑内障(目に入った場合)
・白内障(目に入った場合)
・皮膚の赤みなどがあります。

 

なぜ副作用がでるのか?

ロコイド軟膏はステロイド作用がそれほど強くはありませんが、顔や陰部などの皮膚が薄い箇所や妊婦さん、赤ちゃん、高齢者は肌が敏感なので薬の塗りすぎてしまうと肌があれてしまうこともあるので副作用がでてしますのです。

長期間、薬をし続けてしまうと皮膚に刺激を与えてしまい、副作用が出る恐れがあります。なので長期間使用しないようにするために病院からも決められた量をだしています。

 

副作用が出た場合は、どうればいいの?

もし、副作用が出た場合は、すぐにロコイド軟膏の使用をやめて病院へいくようにしましょう。

 

ロコイドを使用するときに気を付けることは?

・手や塗る箇所を清潔にして使用しましょう。
・塗る箇所以外への使用は、肌を痛めてしまう原因にもなりますのでやめておきましょう。
・症状が改善したからといって自己判断で薬をやめてしまうのではなく、医師にみてもらい判断してもらうようにしましょう。

 

まとめ

今回、ロコイド軟膏がかぶれにどう起こるのかなど記載させていただきましたが、少しは参考になりましたでしょうか。ロコイド軟膏はかぶれに効果がありますが、同時に副作用にも気を付けていかないといけません。

副作用の症状や副作用がでたときにどうすればいいのか簡単ではありますが記載させていただいていますので、今後かぶれで悩まれた場合や困ったこと、気に合ったことがあれば参考にしてもらえるとうれしいです。

スポンサードリンク