ロコイド軟膏の効能と強さと注意点について

ロコイド軟膏の効能と強さと注意点について | ステロイド軟膏.com虫刺されやアトピー性皮膚炎、手荒れなどで病院へ行くとロコイド軟膏を処方されたという人もいるのでないでしょうか。ロコイド軟膏のことをあまりわからずにただ単に病院から処方されたので使用しているという人もいると思います。

  • ロコイド軟膏ってどんなものなのか?
  • ロコイド軟膏の効能はどうなのか?
  • ロコイド軟膏はステロイドのなかで強いの?気を付けることはあるの?

など気になってしまうことを今回記載していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ロコイド軟膏について

ロコイド軟膏は、皮膚に塗るステロイド薬であり、皮膚の炎症を抑えてくれます。ステロイドの中では、皮膚にやさしく効きは穏やかであるため、顔や陰部など皮膚が薄い部位にも使いやすくなっています。

ワセリンなどの油が基材となっています。長時間の保湿性に優れ、刺激性が少ないことが特徴です。べたつきは強いですが、皮膚への浸透力も強くはありません。

 

ロコイドの特徴

・中等度の強さに属するステロイド剤である
・炎症を抑える作用、免疫反応を抑える作用、皮膚細胞の増殖を抑える作用がある
・効果に関しては、ステロイドの中で穏やかである
・長期使用による副作用に注意する
・顔や陰部などの皮膚が薄い部位にも使いやすい
・子供にも使用される

 

使用することができる疾患は?

・アトピー性皮膚炎
・手荒れ、唇荒れ
・湿疹
・虫刺され

 

ロコイドの副作用について

・皮膚が乾燥してしまう
・皮膚炎
・かゆみ
・にきびのようなおできができる
・緑内障
・白内障

副作用がでてしまうのは、長期間ロコイドを使用し続けたことによって生じることが多いので気を付けましょう。また、皮膚が薄い箇所には、使用する量は少なくして回数も1日1回か2回にしておきましょう。

 

ロコイド軟膏を効能の強さについて

ステロイド作用が中等度でそれほど強くはありませんので、即効性はありません。効果がでてくるのはステロイド作用が強い薬と比べて少し遅いです。

 

ロコイド軟膏を使用する際に注意することは?

症状が改善されない場合は、病院へいきましょう。

ロコイド軟膏は、赤ちゃんにも使用されます。赤ちゃんの場合は、皮膚がまだ薄いでの1週間で症状が改善されない場合は、もう一度病院へ行き薬の継続を判断してもらいましょう。大人の場合も同様です。

 

ロコイド軟膏を塗る場合は、朝よりは夜がおすすめです。

朝に塗ってしまうと日光をあびてしまうことによって皮膚が黒ずんでしまうこともありますし、塗る箇所を清潔にして塗るようにしているので入浴後などの夜にぬるといいでしょう。

 

塗りすぎないようにしましょう。

ロコイド軟膏をたくさん塗れば早く症状が改善するということではありません。逆に一度にたくさんの量を塗るということは皮膚に刺激を与えてしまうということですので大量に塗らないようにしてください。

 

子供の手に届かない場所へ保管しましょう。

子供がおもちゃとしてロコイド軟膏で遊ばないようにしましょう。口や目にはいってしまうと副作用が出る恐れもありますので手の届かない場所へ保管してください。

 

まとめ

今回、簡単ですがロコイド軟膏の効能の強さについて記載させていただきました。今までロコイドのことについて知らなかった人も少しでも知ってもらい役にたててもらえるとうれしいです。

この薬は、どの人でも使用する可能性があるので使用方法や気を付けることなど知っておくといいでしょう。

今後、皮膚トラブルが生じた場合は、自己判断で市販の薬を使用するのではなく、皮膚科などの病院へいって症状に合った薬を処方してもらうようにしてください。

スポンサードリンク